地方ぶらり魅力発見

「地方」の魅力を生かすには

「地方ぶらり魅力発見」で探したいもの

f:id:micavuex:20170109040526j:plain

▲田舎に帰る途中のSAにて。 

 

はじめまして。

コミュニケーションプランナーの西出実華です。

 

「地方」で生まれ育ち、上京して20年が経った今、あらためて思うことは、

「やはり地方に惹かれる」ということ。

 

お正月やお盆で田舎に戻る度に、

ここにはまだ発見していない何かがあるのではないか、とワクワクする。

東京では感じないこのワクワク感。

 

それは、ひとつに

 

「未だ未整理のものがたくさん存在している」

 

ということにあるのではないだろうか。

 

良くも悪くも、 整理されていない。

 

本来はとても価値のあるものでも、

ただそこにあるだけだったりする。

 

そして、そんなものにたまたま出会える奇跡、

そして、それを独り占めできる特別感が、

「地方」には在るからではないだろうか。

 

そんな宝探しのような、冒険のような予感がするのが、

私にとっての「地方」。

 

しかし、そんな「地方」も、経済的には東京一極集中で衰退傾向にある。

自分も含め、若者たちの多くは田舎を離れ、

都会へと住まいを移していく。

 

人がいなくなれば、そこにある宝もなくなっていく。 

 

「地方」の良さを残しながら、

「地方」が活き活きとした活力を得る方法を模索したい。

 

そのための考察を書き記していきたいと思います。